FC2ブログ
ポラロイド写真
  • 甲状腺機能障害

回り込み解除

回り込み解除

 
   甲状腺

    *のどぼとけの両側に、左右に1個ずつあり、真ん中でつながっていて、
      全体像では、蝶が羽を広げたような形をしています。

    *重さ:約15~20g
      大きさ:縦横約3~5cm

    *全身の基礎代謝に作用し、糖代謝を促し血糖値を上昇させたり、
     脂肪の代謝を促し血中コレステロール濃度を下げたり、
     成長ホルモンの合成を促進します。
     交感神経の働きを高めるアドレナリンを増加させるなど、
     全身の細胞を活性化させます。



    甲状腺機能亢進症

    *甲状腺ホルモンの分泌量が上昇します。

    *原因として多いのは、バセドウ病です。
      その他には甲状腺炎、甲状腺腫瘍などがあります。



   バセドウ病

    *女性に多く、女性:男性=4:1

    *発症年齢は20~30歳代が多く、約半数になります。
      40歳、50歳と少なくなっていきます。

    *症状:頻脈、不整脈、息切れ、多食、体重減少、多飲、多尿、はきけ、イライラ、
         多汗、手足の震えなど

           バセドウ病の眼球突出は有名ですが、
           実際にはそれほど多くありません。

     *甲状腺がはれる事もありますが、重症度と比例しません。

     *自覚症状のない人から、命の危険にさらされる人までいます。

     *治療法は薬、手術、放射線ヨードなどがあります。


        疲れやすい、ちょっと脈が速い、体重が落ちている場合は、
          可能性を考えてみた方がよいです。 





    甲状腺機能低下症

 
  甲状腺機能低下による症状は、はっきりしたものがなく、他の科を受診したり、

     また、見過ごされたり的確な診断がされない場合が多くあります。

        男女比は、1対10くらいで、女性に多いです。



   症状

       疲労感、徐脈、便秘、むくみ、しわがれ声、抑うつ、無力感、耳鳴り、白髪、
      抜け毛、関節痛、乾燥肌、寒がりになる、集中力の低下、めまいなど、
      色々な症状があります。
           ↓
           ↓   進行すると、心臓の周囲まで水が溜まる事や、
           ↓   コレステロールの上昇により動脈硬化が進み、
           ↓   心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなります。
           ↓
       中でも、疲労感、集中力の低下、忘れやすい、抑うつ、無力感、動きが緩慢になる、
       などから、うつや認知症と間違えらえる事もあります。



   甲状腺機能低下症の原因

      *クレチン病・・・生まれつき甲状腺機の働きが悪いもの。
      *成人の場合、慢性甲状腺炎(橋本病)によるものがほとんどを占めます。
      *他に、甲状腺の手術などがあります。
      *海藻の摂り過ぎでなる体質の人もいるそうです。
        (ヨードを含むうがい薬の長期使用で起こる事もあるそうです。)



   検査法

        血中のホルモン量を計測すれば、すぐに判ります。







   橋本病

       
   甲状腺機能低下症の原因で、一番多いのは慢性甲状腺炎(橋本病)です。

    女性は男性の20倍以上の発生率です。

    30歳代から増え始めます。


      自己免疫疾患・・・甲状腺を異物とみなし、自己抗体(抗サイログロブリン抗体、
                抗甲状腺ペルオキシターゼ)が、甲状腺を攻撃・破壊します。

      甲状腺が硬く腫大してくる事が多いですが、程度はさまざまです。
        自分ではわからない程度のものも、多いです。

      全体の30~40%の人に、甲状腺機能低下があります。
        自覚症状のないものから重症なものまであります。

      甲状腺ホルモンが正常であれば、治療の必要はなく、定期観察になります。
        症状がなくても、甲状腺ホルモン量が低下したままにすると、
        新陳代謝に悪影響がでて、全身に悪影響がでます。



 
スポンサーサイト



 フリー

a7113bc62de238e37f966cd50c6cdec0_s.jpg

最新記事

自己紹介

50歳代主婦です。
退職し専業主婦になって2年目に
突入しました。
焦ってもしかたがないし、
自分のペースで行く事にしました。
宜しくお願いします。

免責事項

当ブログに掲載している情報の正確性、
安全性を保証するものではありません。
記事で紹介されている情報により、
被ったいかなる損害に関して、
一切の責任を負いません。
また、購入時は、販売元のサイトにて
確認、納得の上、ご利用下さい。

にほんブログ村

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク